ソーシャルネットワーキング
どうして、たぬきそばっていうの?「たぬきそば」 ごはんが愛である!

ごはんが愛である!

こんにちは!荒川青年支部で兄弟姉妹の晩ごはんを作りながら心に残った話、レシピを紹介します。大家族のお母さんのように愛のこもったごはん作り目指してます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どうして、たぬきそばっていうの?「たぬきそば」

こんにちは

今日は、「たぬきそば

たぬきそば


みなさん、どうして‘たぬきそば’っていうか、知っていますか?

気になって調べてみたのですが、

由来については諸説あるようです。


揚げ玉だけで天ぷらの“種(たね )”のないものが「たね抜き

→「たぬき」と変わったとの説が有力。

・・・・が、これは関東での話。

 これは、関西に行くと事情が違ってくるそうです。

大阪の街の食堂で「きつね」を注文すると「油揚げ入りのうどん」、

「たぬき」と言うと「油揚げ入りのそば」が出てきます。

比較的「そばが好まれる関東に対し、

関西は古くから「うどんが主流で「和風麺=うどん」という土地柄。

 また、揚げ玉は「サービス」が当たり前といった意識が根強く、

『「きつね」= 「油揚げ入りのうどん」』となり、

それと区別する為に「そば」は独特の麺の色から連想して「たぬき」と呼んだようです。


紛らわしいっ!?

周りの人に、説明しようとしたら、ちょっと混乱

(ということは、
 ‘たぬきうどん’とか‘きつねそば’っていうのは、無いってことかな?)

と、話はここまで。


雑学としてですが、

 マルチャンの「赤いきつね」は、

東と西では名前もデザインも一緒だけど味に違いがあるそうです。

東京で食べる赤いきつねは、カツオだしをベースに普通のお醤油で味付けした、しっかりした味。

大阪で食べる赤いきつねは、カツオにコンブと煮干しを加えただしと薄口醤油を使った上品な味

東日本と西日本での嗜好の違いを考慮し味を分けたそうです。

味の分岐点は、東海道で言えば天下分け目の合戦で有名な関ヶ原のあたり。


東日本向けと西日本向けを見分ける方法ですが、

容器の側面に製品内容を説明した一括表示があり、

その横に小さく「」か「」の文字が入っています。

「E」 は「EAST」(東)、「W」は「WEST」(西)の略です。

機会があったら食べ比べてみたいものですね。


‘たぬき’と人とは、昔から深いつながりがあります。

数々の昔話にも同情していますし、‘たぬき寝入り’といった日常用語にも。

(たぬきは、驚いたことがあると、寝るか死んだように動かなくなってしまうという本能がある、
 というのは、おもしろいですね


生涯一夫一妻制のたぬきさん

 たぬきや動物に習う家族愛・・・多くありそうです。

たぬき


 読んでくださった方クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

| 食当ごはん日記 | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://gohangaai.blog69.fc2.com/tb.php/213-672a3fd3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。