ソーシャルネットワーキング
タイの国形から知る親の心 「タイ風カレー」 ごはんが愛である!

ごはんが愛である!

こんにちは!荒川青年支部で兄弟姉妹の晩ごはんを作りながら心に残った話、レシピを紹介します。大家族のお母さんのように愛のこもったごはん作り目指してます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイの国形から知る親の心 「タイ風カレー」

今日のメニュー
日本人好みの 「レー

こんにちは!

最近、グリーンカレーとかタイカレーなど、

エスニック系を食べたいという声を多く聞きました

でも、150人もいると。

ナンプラーやココナッツが苦手な人がいる、というのを、

以前やってみて、知っている立場上。

ずっと控えていたのですが、

苦手な人でも食べられるものに、チャレンジ!!

してみることにしました。


タイ風カレー
4人で、何をどのくらい入れたら??
と、最後の味付けに30分以上は、かかりつつも。。。

完成

これなら、誰でも食べられそう!というのが、出来ました!!

タイ風カレー タイ風カレー

作りながら、タイの話も少し出ましたが、

意外と知らないタイの文化’

これは、旅に出るっきゃない!と思い立ち、

仏教の王国「タイランド

取材してきました~。

残念ながら、パソコン上ございますが

タイ

タイマップこの形、何に見えますか?


いやぁ~。寺院がぴっかっぴかですねぇ

日本から約6時間

国土約51万4000k㎡(日本の1.4倍) 人口約6426万人の大国

立憲君主制で、国王の政治や国軍への影響力は極めて大きい

伝統的に王家に対して崇敬を払うよう国民は教えられており、

日常生活においても、国民の各家庭やオフィスビル、商店や屋台に至るまで、

国王の写真、カレンダーや肖像画が飾られているようです


また、私の知り合いもタイに行って経験してきたそうですが、

映画館では本編上映の前に・・・『国王賛歌』と共に国王の映像が流され、

その間観客は起立し、敬意を表わすのが慣わしとなっています。

(急にですと、ちょっとびっくりしますね~。)


知っている方も多いと思いますが、

タイの宗教は、仏教(南方上座部仏教)95%

イスラム教4%、キリスト教、他にヒンドゥー教、シーク教、道教などで、

王室を始め、タイ国内のほとんどは仏教徒で占められています。


そのほとんどは上座部仏教

教義は、( Wikipediaより )

‘限りない輪廻を繰り返す生は「苦しみ (dukkha)」である。
この苦しみの原因は、こころの執着(貪瞋癡)である。
そして、こころの執着を断ち輪廻を解脱するための最も効果的な方法は、
教典の学習、戒律の厳守、瞑想の修行であるとする。
 釈迦によって定められた戒律と教え、悟りへ至る智慧と慈悲の実践を
純粋に守り伝える姿勢を根幹に据えてきた。’


とあります。

 釈迦の教えを忠実に実行し、涅槃(輪廻からの解脱)に到ることを旨とし、

他力本願でなく、自分自身の力で自分なりによいことをすれば、

必ず自分に返ってくるとの教えの下に、

厳格な戒律を守り、厳しい修行を経たものだけに救いがある
、というものです


一方、これを「己だけの完成と救済」と批判し、

自分の解脱よりも他者の救済を優先する利他行の精神」を主張しているのが、

大乗仏教  

部派(上座部)仏教保守化・形式主義化が著しくなって起きた宗教改革から生まれた

と言われるこの宗派は、

自・他にとらわれぬ自由の境地=「空 (くう) 」を尊び、

徳目「六波羅蜜 (ろくはらみつ) 」を実践して「菩薩 (ぼさつ) 」(=六波羅蜜の実践者)
となること

を奨励し、出家者ではない俗世間の凡夫でもこの利他行を続けてさえいけば、

誰でも未来の世において成仏できる(ブッダに成れる)と言われ、

中国・日本に伝わり発展したようです。


同じ仏教でも相容れないように見える教義を持ついくつかの仏教。

日本とタイとは、それぞれ教義の異なる仏教ですが、

慈悲」の心を大事にするという仏教の根本は同じです。

苦しい時であっても、人を助けることを苦労と考えない、

あらゆる衆生が苦しみから離れることを願うこと。

衆生のためにすれば幸せになるという気持ち。

ジャータカ(釈尊の前世譚)によれば、お釈迦様も地獄に堕ちて、

そして地獄で皆苦しんでいるから、彼らの苦しみを自分に引き受けたい

強くそういう気持ちを起こしたそうです。

そうして地獄から解放したというのです。


文先生も、地獄から救うため7回も地獄へ降り、救っていかれたそうです。

どれだけの愛、どれだけの慈悲の心でしょうか?

タイの人々が畏敬の念を抱き、勇気と誇りの象徴とされ、過去世で仏陀の前身だったとされている



その親子が切り離される時のけたたましく泣き叫ぶ親子の姿には、

本当に胸が痛むそうです。(象使いの話)

嗅覚の優れた象は、お互いの匂いを一生忘れることも無いと言われています。

親なる神様が、子供と引き離されようとする時、それは地獄までも

降りていく気持ちになるのではないかと、、、

そして全人類の親なる文先生は、7回のみならず、

子供の為に何度でも地獄に行く覚悟でおられるのではないかと思います。

象

まだ、親にもなっていない私。

弱虫なので、大変な逆境が目の前に来たら、尻込みしてしまうかもしれません。

でも私たちには真理があります。

実践の中に受け取り、いい機会だと考えて、

もっと元気を出して菩提心や慈悲などを起こすことが出来たら。

一歩、神様に近づけるでしょうか?

読んでくださった方クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 食当ごはん日記 | 23:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おいしそうですね~

はじめまして。いちともうします。
カレーおいしそうですね。
タイの紹介にまで話が広がるのを見て、思わず笑ってしまいました。すごい、国際的な台所ですね。
つい、コメントしてしまいました。
4人で食当されているんですね。一体化して作っているんですね。
楽しそうですね。更新楽しみにしております。頑張ってください。

| いち | 2010/07/21 14:49 | URI |

Re: おいしそうですね~

ありがとうございます!

皆さんに、少しでも喜んでもらえるブログ目指して頑張ります!

お力頂きました。感謝です。

夏暑いので、お体に気をつけて。

| ぺー | 2010/07/21 16:20 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://gohangaai.blog69.fc2.com/tb.php/203-652c78f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。