ソーシャルネットワーキング
スペイン文化の素敵な家族時間 「イカと玉ねぎのチーズ焼き」 ごはんが愛である!

ごはんが愛である!

こんにちは!荒川青年支部で兄弟姉妹の晩ごはんを作りながら心に残った話、レシピを紹介します。大家族のお母さんのように愛のこもったごはん作り目指してます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スペイン文化の素敵な家族時間 「イカと玉ねぎのチーズ焼き」

皆さん!こんにちは!

今日は、久々の世界の国々シリーズ第6弾

これまで、中国・インド・イギリス・韓国、そしてなぜかサモア
と旅してきましたが、今回はちょっと馴染みのある「スペイン」へ訪問しちゃいますっ


16世紀にキリスト教宣教師のフランシスコ・ザビエル(SAN FRANCISICO XAVIER)が

初めて日本に渡ってきて、その後、続々来日したとスペイン人が

カステラや天ぷら、金平糖は彼らが日本に伝え残していったものであると言われています。

オジヤ”のルーツもスペイン語の“OLLA”であるとも言われています。

共通点も何だかありそうです

バルセロナ


スペインといえば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

 白い街、フラメンコ、闘牛、ガウディ、ピカソなどなど・・・

 魅力的なものがたくさん思いつくのではないでしょうか。

 でも!

 もっとも身近なスペインの魅力は「
  
 一日に5食も!食べるこの国の人々の食へのこだわりは非常に強く、

 日常生活の中心は食べることで、食事を楽しみ、かつ大切にしています。


簡単に紹介すると、

 デサユノ:朝食。起きがけに摂る食事。パンなどを食べる。

 メリエンダ・メディア・マニャーナ:朝の軽食。午前11時頃、サンドイッチ、タパス(おつまみ)などを食べる。

 アルムエルソ:昼食。一日のメインの食事で、午後2時頃、フルコースを食べる。

 メリエンダ:夕方の軽食。午後6時頃、タパス、おやつなどを食べる。

 セナ:夕食。午後9時頃、スープ、サラダなどを食べる。
                            

繊細な胃袋の日本人には、5回も!?

と、ちょっと理解しがたいです。


本当に食べるのが、好き・・・?


っというのも、一つの理由のようですが、


ここには、スペイン人の家族を大切にする文化が根付いています

シエスタ

そう呼ばれる家族の時間

 昼下がりのひと時に、会社もお店も閉めて、気の合う仲間、家族と一緒に、

ゆっくり過ごすのです。

食事をしたり、お気に入りのBar(バル)で過ごしたり。

 夜の9時頃まで明るいスペインの長い一日を

家族とうまく過ごすために自然と定着した習慣では、ないかと言われています。


いいな~

イカと玉ねぎのチーズ焼き


今から20年前の1986年にECに加入した際にスペインでは、

シエスタを無くして他国の勤務時間と合わせようという運動があったそうです。

それから20年が経った現在、大企業や外資系企業などでは昼休みを交代制にしていたり、

公務員はシエスタの制度が廃止されたりとシエスタが少しずつなくなりつつあるそうです。


けれど、

地方や小さなお店などでは14時から16時の間はシャッターを閉めてしまうので、
(スペイン旅行に行かれる方は、注意です

結局今でも街全体がシエスタの時間になっているという印象を受けるようです。


やはりそれまでずっと続いてきた文化や習慣は

簡単には変えることができないのかもしれませんね。

(変わらないでほしい~、なんて個人的には思っちゃいます)

イカと玉ねぎのチーズ焼き
「いちごヨーグルト



シエスタを取ることで、

その後の仕事の効率が良くなるという内容の論文も数多く発表されているそうです。


ん~そういえば、最近日本でもお昼に5分の睡眠が注目されていますね~。


家族と過ごす時間の大切さ。

少し時間帯は違いますが、私の実家でも、

夕方5時から~6時は、近所の人を交えて相撲を見ながら、

採れた野菜で作った漬物をお茶請けにして、

何気ない話で笑い合う。

この時間が何とも言えなく、好きでした。

知らず知らずのうちに、心を通い合う時間を作ってもらっていたんだな、と思います。

感謝

毎日どうしても仕事を優先してしまって、

家族との時間がなかなか取れないという方いらっしゃるのではないでしょうか?

毎日2時間のお昼休憩とまではいかなくても、

心にシエスタの余裕を取り入れ、

家族と過ごす貴重な時間を大切に

した日々を送りたいものですね。


過疎化、核家族化、孤食、夫婦別姓等々、

家族の枠組みが無くなってきていると思われるような話題が

さわやかに始まるはずの朝のニュースで新聞で取り上げられています。


でも。

‘冷めた日本’‘元気が無い日本’なんて言われたくないですよね。

家庭で、お母さんは常に‘今日は、何のメニューにしようか?’

考えてくれています。

そんな温かい食卓で、お腹が満たされ、心が満たされれば、

社会が冷めるはずがありません


文先生は、

ご自分のことを「メシヤ」でなく、

飯屋なんだと、いわれます。

宗教の壁を無くすとか、

戦争を無くすとか、

人々の幸福の一番はそういう難しいところにあるのじゃないんだと。

世界人類のみんなのお腹が満ちれば、自然と戦争は無くなるんだと。



今回は、イカとトマトとタマネギがチーズの味と塩味で染まって、

本当においしかったです!!

まさに、

世界中の中心でMuy Bueno! (ムイ ブエノ!=とてもおいしい) と叫ぶ~

思い。(かなり古いっ)

スペインじゃないけど、かなりスペインの高級レストランに行ったような気分。

皆さんに食べてもらいたい!


レシピ、掲載準備中です~。
しばらくお待ち下さいませ。


ありがとうございます。
読んでくださった方クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| 食当ごはん日記 | 15:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

日本は短時間で便利に!を追求しすぎてしまったのかもしれませんね・・・。
スーパーにはお惣菜がたーくさんあって、一見便利に思うかもしれません。
でも一人分のお惣菜を買って一人で食べる・・・。
これってますます人間関係を希薄にしていってるんですよね。

同じ建物に住んでいながら顔も合わせないし食事も別なんて!!
これも韓国などからしたら理解できない不思議な感覚でしょう。

| くろねこ | 2010/05/29 20:40 | URI |

Re: すみません!

返信したつもりが、出来てなくてすみませんでした。

くろねこさんのコメントは、いつも本当に勉強になります。

くろねこさんが、韓国で感じている韓国の方の情の深さ。

いつかふれてみたいです。

| ぺー | 2010/06/09 23:55 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://gohangaai.blog69.fc2.com/tb.php/200-fa897600

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。