ソーシャルネットワーキング
ばあやのおもてなしの心 「鶏飯」 ごはんが愛である!

ごはんが愛である!

こんにちは!荒川青年支部で兄弟姉妹の晩ごはんを作りながら心に残った話、レシピを紹介します。大家族のお母さんのように愛のこもったごはん作り目指してます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ばあやのおもてなしの心 「鶏飯」

こんにちは

今日は、鹿児島県奄美大島の郷土料理

鶏飯」で~す!

鶏飯

鶏飯
 「春野菜の煮物」  この煮物は、喜ばせることの天才:ちちちチーフさんの
                  ブログから参考にさせて頂きました感謝っ
鶏飯
 「ほうじ茶みるくゼリー」 初挑戦!以前、スターバックスで、流行っていたとか!?
                     意外とおいしかったです。
 

すでにお馴染みになってきてはいますが、

時折具材を変えながら、みなさんにおいしく食べて頂けるように

工夫しています。

よりおいしいスープも研究中。

私たちの作る具材は、鶏肉、しいたけ、人参、たくあん、高菜漬け・・・と、

しば漬け!!がとってもおいしいです。

(これだけ見ると、もはや料理ではないような気もしてしまいますね

地元奄美大島では、具材もさまざまで、

鶏肉・椎茸・たまご・ネギ・紅しょうが・のり、に

‘パパイヤ’まで乗っているようです


由来は、

慶長16年(1616)藩制時代 薩摩藩の砂糖取立てに対する

あまりの厳しさに、奄美の人々が役人たちをもてなす料理として

考案されたそうです。

この料理のあまりのおいしさに 奄美の鶏飯は別名「殿様料理」とも言われる様になりました。

一見、‘殿様’・・・そこまで?

(と、当時の状況も知らない私は、失礼なことを言っているかもしれませんが)

・・・そう付けられるほどになったこの料理は、

きっとそこに奄美の人々のおもてなしに「」がこもっていたのでは?

と思うのです。



1983年に誕生し、わずか20数年で、世界のホテル地図を塗り替え、

米国ではつねにトップクラスで、もっとも働きがいがあるとの評価を受けている、

リッツ・カールトン・ホテル

その日本支社長、高野登氏が出している著書:

~リッツ・カールトンが大切にする~ サービスを越える瞬間」に、


ミスティーク(神秘性)は、最高のおもてなしだ

と書いてあります。

‘ミステイク’ではありません

では、そのミスティークは、どうようにして生み出すことができるのでしょうか?

これについて、‘偶然に起きるものではなく、チームワークが生み出す’

と、高野氏は言っています。

そして、一人ひとりが高い同じ感性をもって、同じ目的に向かって行動できること、と。

それが出来た時に、神様が働いて、「感動」を生み起して下さるのですね。


今は、お嫁に行ってしまったあるMお姉さんの話。

その方は、ある人からは「ばあや」と呼ばれていました。

なぜそこまで言われるようになったかといえば、

落ち着いた雰囲気で、会えば何かと物をくれる、

そんな姿から?・・・(それも本当です

いえ。

それ以上に、おもてなしが素晴らしいのです。

相手のお茶やコーヒーの濃さ・温度の好みをよく知っていて、

絶妙なタイミングでお出しするのです。

疲れていそうな時、機嫌が悪そうな時、何を求めているかが

分かり、ベストなものを一番必要な時に提供できる人なのです。

近くでお手伝いさせて頂いた時、

相手の表情や口調、立ち振る舞いなどから感覚的に読み取る力が、

働いているのを感じました。


リッツ・カールトンの‘7つの仕事の基本’の中に

Don't Think.Feel.」
(考える前に、お客様の温度を感じなさい)とあります。

人間には、神様から与えられた五感があります。

初めて会う営業マンが信頼できる人かどうか、何となく分かる感性。

赤ちゃんの泣き声一つで何を求めているか分かる、お母さんの感性。
(これは、レベルが高そうですっ)


そういった感性が研ぎ澄まされていったとき、

人を感動させるものを生み出すことが出来るのではないかと、思うのです。

チャングムや食堂かたつむりの主人公にも、共通するものを感じます。


ありがたいことに、食事作りは比較的得やすい、育てやすい環境かと思います。

人数が人数なだけに、皆さんのニーズを満たしてあげることは

なかなか難しいのですが、
 
「どうしたら、喜んでもらえるか?」

という同じ方向に向かって、

食べる人、思いながら作り、作る側でも具体的に為に生き合とき、

「今日、これ食べたいと思ってたんだ~」

「おなか調子が悪かったから嬉しかった。」などの声が聞けて、

喜んでもらえたことに気付いて、神様が働いてくれていたことを

知ることが出来ます。


そして、最後に・・・
(長い記事の最後に、まだ続くの!?って感じでごめんなさい。)

個人的趣味で書きますので、流し読みで構いません~

ある卓越した心臓外科医に必要なものは

というテーマで、あるカリスマドクターが言っていた言葉。

最初に必要なのは圧倒的なイマジネーション(想像力)の力。

 5時間以上かかる手術を最初から最後まで頭の中で瞬時に

 シュミレーションできなくてはいけない。

 次にそこで想定される問題に対するジャッジメント(判断力)の力。

 そして、実際に必要なテクニカルスキル、これらすべてが

 優れていなくてはいけない。


  しかし、もっと必要なのは、それらすべてを足して、さらに

 十倍したくらいの愛情’なのです。」

 
 すべての中心は「愛」なんですね~!
 
 み言の中にも、’知恵は愛を誇るためにある’ともあります。

料理の研究も愛の為に!

み言を実践すべく、また頑張ります

長い文章を最後まで読んで下さったことに、感謝します。


今日もありがとうございます。
読んでくださった方クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村











スポンサーサイト

| 食当ごはん日記 | 09:45 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは!
ばあやさん、私も会ってみたいです・・・
私の目指すところです!

そして料理に大切な想像力、判断力、愛情!!
愛情が先立って作らないと、想像力も判断力も鈍りますよね・・・
食事の準備をしながら他のことも色々やってると・・・。

さあ、頑張ろう!
家族の健康のため・・・ご飯は愛である!

充実した記事、ありがとう!

| くろねこ | 2010/04/20 10:38 | URI |

Re: ファンより

こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!
ばあや姉?さんも先日韓国へお嫁に行きました。
どこかで、会えるかもしれませんね。

くろねこさんのブログもいつも拝見させて頂いています。
本当に真の母の愛感じます!!

愛の深さに、すごく感動します。

これからも頑張って下さい!

By ぺー



| ぺー | 2010/04/20 16:19 | URI |

感謝

メニュー参考にして頂き、恐縮です
何だか、より素敵に変身している煮物に感動v-10
いつも、記事のボリューム、圧巻です
鶏飯、食べて事も、作った事もないので、ぜひ、来月も食当をさせて頂けるなら、トライしてみますね[絵文字:v-219
残り、わずかになりましたが、4月を頑張りましょうv-91

| ちちちチーフ | 2010/04/28 14:02 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://gohangaai.blog69.fc2.com/tb.php/185-047e55ea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。