ソーシャルネットワーキング
私たちが生きる背後にある奇跡 「三色丼」 ごはんが愛である!

ごはんが愛である!

こんにちは!荒川青年支部で兄弟姉妹の晩ごはんを作りながら心に残った話、レシピを紹介します。大家族のお母さんのように愛のこもったごはん作り目指してます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私たちが生きる背後にある奇跡 「三色丼」

今日のメニュー

三色丼
三色丼
 よくお弁当で、星型とか使って楽しんでいましたが、田舎のでこぼこ道を通って
いたので、お昼に開けてみると崩れていて、ショック!ということもありました。
 でも、今回ある人に作ってあげたら、すごく喜んでくれて、嬉しかったです

豆腐のあんかけ  三色丼
 あんは、かなり作りすぎてしまいましたが、かたやきそばやおこげにかけて、活用します

菜の花と里芋の味噌汁  三色丼
 近所の畑で、咲ききらない丁度いい菜の花をとるのが重要という話で盛り上がりました。
 みなさんのおうちの近くにも咲いていますか?

スペシャルブレンドトマト&野菜&果物ゼリー三色丼 トマトの苦手な方の為に、ぶどうジュースで緩和しました

こんにちは!

みなさん!この前の「何のために食べるのか?」の記事読んで頂けましたか?

素晴らしい内容ですよね。

・・・って、自分の事を誉めている訳ではありません(笑)

気付いている方もいたかと思いますが、

便宜上、「ぺー」がこのブログの管理者としておりますが、

記事は交代で書かせてもらっています。


文章力説得力があって、それでいて面白く、心にぐっとくる文章を

書いてくれるのは、枝豆グリーン

きままに、軽い感じで、ちょっぴり健康オタクの香りがするのは、

パンプキンオレンジ

たまには?「ごはん」について深く考えることもありますけれどね!


食当における神様物語は、ピンクグレープや燃ゆる新しい素敵なメンバーと

作り上げております


今日は、メンバーと家族のことについて話しました。

その中で、印象に残ったこと。

「戦争で大きな負傷を受け、危機一髪、瀕死の状態から生還したおじいちゃん がいなかったら、自分はいない。

そう考えると、自分が生きているのって、 奇跡的だよね。」


確かに、そうだなと思いました。

しかも、国の為とかより大きなものの為に、自分を捨てて生きた

おじいちゃんは、何て素晴らしいのでしょう。


私の母親は、歯が弱くて、若い頃から入れ歯です。

聞いたところによると、お母さんが生まれた時代、

まだまだ日本も貧しくて、おばあちゃんもほぼ栄養失調のような

状態でお母さんを産んだそうなのです。


苦労の中を生き抜いてくれた方々がいるから、私たちがいる。

神様のご計画からすれば、私たち一人一人を産むために、

先祖の方々を必死で助けて下さったのですね。


 戦争の事を知る人たちが、少なくなってきている現代。

 戦友や家族を失った悲しみからくる心の傷口を開かぬよう

多くは語られない人もいるかと思います。
 
 でもそれ以上に、自分たちの苦しみは心の底に沈めて

これからの後世の人たちの幸せを祈る思いがあるように思います。 

私たちから、計り知れない先人の心を訪ねていくのであれば、

そこに通じる親なる神様の心も知っていけるのでないでしょうか?

・・・そういえば最近、時代ものの番組も多いから、勉強してみようかな?


料理一つをとっても、郷土料理やその他家庭料理の中に、

その時代を元気に生き抜く知恵が隠されているのを発見します。

その都度、紹介していきますね


私たちは歴史の結実体

流れる歴史の中で、‘今’というバトンをにぎる私たち一人一人。


精一杯、神様を喜ばせられるように、頑張ります!

これからもよろしくお願いします。


ありがとうございます!クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村






こんにちは!

みなさん、昨日の記事は読まれましたか?

「何のために食べるのか?」

なんて、感動的なメッセージなんでしょう。

・・・って、自分の事を褒めている訳ではありません(笑)

お気づきの方もいるかと思いますが、このブログを書いているのは、

一応管理者として、便宜上‘ぺー’が立っておりますが、

ペーだけで書いている訳ではありません。


文章力・説得力があって、きちんと構成されているけど、

心にもグッとくる感じのは(褒めすぎ!?)

枝豆グリーンが書いています。



ライトな感じで、気ままに、やや健康マニア風な感じの記事は

パンプキンイエローが書いております。

たまには、深く「ごはん」を追求することもありますけどね。


そして、なかなか登場はしていませんが、

縁の下の力持ち、ピンクグレープのおゆきは、人の心を敏感に察したり、

発展性のある会話を提供してくれます。


新しい二人のメンバーも、本当に素晴らしい!
(また、順を追って、この感動をお茶の間にお届けしますっ)


今日も、考えていることを気ままに書きます。

最近は、「どうやったら人を生かすことが出来るのか?」

をいつも考えています。

原理で言うと、‘生きる’為に、生力要素(体)的には、「食べ物」が必須。

でも生霊(心)も生きていく為には、それだけではダメなのです。

では、何が必要でしょうか?

・・・「神様の愛」・・・が正解。

それは、どういうものなのでしょうか?

残念ながら、目には見えません。

ごはんに愛がどれだけ込められているかも、‘ラブ指数’とかいって、

数値で表せたらいいのですが。


前にも書いたような気がしますが、

生まれたばかりで(必要があってですが)保育器に入って、

チューブからは、栄養を充分もらい続けた赤ちゃんの話。

この赤ちゃんは、すくすく成長したでしょうか?しなかったでしょうか?

3か月後、赤ちゃんは、ほとんど成長しなかったといいます。

でも。

体力を回復したお母さんが、抱いてあやすことを1日に何回か

出来るようになった時、

(確か、栄養は変わらずチューブからだったと思います)

赤ちゃんは、笑うようになり、すくすく成長し始めたのです。

このお母さんと赤ちゃんの間に存在したのは、

紛れもなく、「愛のパワー」だったのでしょう。

それは、親なる神様の愛と似て、否なるもの。

私も、こうして生かされてきたのだと思うと、

言葉に表しきれない感謝の思いが湧きます。

お父さんがいて、お母さんがいて。

おじいちゃん、おばあちゃんがいくれて。

誰一人欠けても自分は存在しなかった・・・と考えるとすごい!

とメンバーと話していました。


そして、今も生かされている私自身。

誰かを生かす為にどうしたらいいかを考える時、

小さな自分に知恵を!と神様にすがりついて、

出来ることを何とか探して、与えようとする瞬間。

逆に。

私が与えられている、と感じる私なのでした。


ダイヤは何で磨けますか?・・・「ダイヤだけです。」

人間は何で磨けますか?

・・・‘垢(あか)すり!’・・・ではありません。

人間でしか磨けないのです。

だから、神様は、私たちの周りに個性溢れる人たちをたくさん配置してくれて

いるのですね。

(おっと、私が一番個性的でした)笑


神様が与えて下さった、まだ眠る何億カラット以上ものダイヤのような

「個性真理体」

桜のように、満開に咲かせていきたいと思います!

ごはんに愛を込めながら。

スポンサーサイト

| 食当ごはん日記 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://gohangaai.blog69.fc2.com/tb.php/180-2cf366df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。