ソーシャルネットワーキング
世界の壁を越えて 「カムジャタン」 ごはんが愛である!

ごはんが愛である!

こんにちは!荒川青年支部で兄弟姉妹の晩ごはんを作りながら心に残った話、レシピを紹介します。大家族のお母さんのように愛のこもったごはん作り目指してます!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界の壁を越えて 「カムジャタン」

今日のメニュー

カムジャタン
いかとエビのちぢみ
フルーツヨーグルト

カムジャタンカムジャタンカムジャタン






今日は、日本韓国の違いについて、書いてみたいと思います。

最近、チーフに聞いてびっくりしたのは、

基本的に、食べ物は韓国ではおみやげとは見なされない。」

ということです。

お菓子は、子供の食べる物という認識があるようです。

ラーメンも日本の味は、韓国人には合わないようで(人によるかもしれないですが)、

喜ばれないみたい?です。

日本だと、何かといえば、「お菓子」を持っていく習慣がありますから、

ちょっと驚きです。

「ぺヤングやきそばがおいしい!」という人はいるみたい(笑)なので、

話題にする程度に、持っていくのはいいのかもしれませんね


色々聞いたところによると、女性は‘資生堂の化粧品’

男性・女性ともに喜ばれるのは、洋服という意見があります。

でも、相手を思ったものであれば、何でもいいのかもしれません。

一番いいのは、相手側に聞いてみることでしょうか


話は少し違いますが、

誕生日に、韓国では、誕生日の人

プレゼントをくれた人に食事をおごる

というのが、習慣みたいです。

祝ってもらう側も感謝の気持ちを表現出来て、お互い嬉しい気持ちになりますね


日本の常識は、世界の非常識とも言われ、

逆に、「震災の時、配給をもらうときに、みんながきれいに列を作って並んでること」

を感動されたり、、、。
(他の国では、奪い合ったりするのが、普通の光景のようです。)

世界を舞台に活躍していく為にも

国による文化の違い、それぞれの良さを、色々学ぶ必要がありそうですね。


カムジャタンは、一応レシピ上‘韓国料理’という名目がありますが、

日本流で言えば、‘ピリ辛肉じゃが’(韓国の本場の方、ごめんなさい)

体を温める為に、辛くしたのかなぁ?

じゃがいもの皮を処理するのは、手間がかかるだろうなぁ?

とか、作る時の思いを想像して、共感を持てるところもあるでしょう。

同じ食べ物が好き!というだけで、気持ちが近くなる、そういう体験もありますよね。
(食当は、みんなさつまいもが好きなので、仲良しです。それだけじゃありませんが)


また、その時代・その場所で、生きていく為の工夫があるから、

その一つの料理から、ぐっと深いその人の気持ちや文化、越えてきた過去を知り、

相手に近づけることもあるでしょう。

ある人は、「冷凍じゃがいもそばを知っていたことで、

北朝鮮の金日成と兄弟のように心が通じ合った、というのを聞いたことがあります。


食事は、どんな国の人でも、どんな年齢の人でも、するもの。

だからこそ、国の壁を越えて、通じ合える、

そんなきっかけになるのでは?

と思います。


最後まで読んで下さって、ありがとうございます!

↓クリックお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 食当ごはん日記 | 22:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

カムジャタンもチジミもすごくおしゃれな感じで、まるで違う食べ物みたいです!
こちらでは皆でつついて食べるので食卓にどーんと出します・・・。

そうですね、韓国人へのお土産はくれぐれもお菓子はやめたほうがいいですね!(お饅頭とか・・・)
本当なら相手の方の好みなどをわかってからプレゼントするのが良いと思いますが、特に年配の方には健康に良い物とか親しくなったら長袖の暖かい下着とか・・・

食べ物はその国を本当に表してますよね・・・。
韓国での挨拶の言葉に「ご飯食べましたか?(食事されましたか?)というものが頻繁に使われますが、
もし食べてない・・・と言ったら一緒に食べて行きなさい・・・と必ずそうなります。
日本人にはよくわからない発想だと思います。
色んな苦難を国民が一緒に乗り越えてきた時代を反映していると思います。
本当に情の深い方々が多いんですよ!

| くろねこ | 2010/02/08 14:39 | URI |

Re: 韓国に学びたい

今度、なにか韓国にお土産をする時は、相談させて頂いてもいいですか?v-25

くろねこさんのブログから、韓国の方の情の深さを察しますv-22

一度、接したら忘れられないような、そういう国民性、染みついている
習慣。神様が植え付けた本性なのでしょうね。素晴らしいですね!

まだまだ理解が乏しいですが、韓国の方から色々なことを学んでいきたいです。

| ぺー | 2010/02/08 18:01 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://gohangaai.blog69.fc2.com/tb.php/128-65da6bba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。