ソーシャルネットワーキング
アーカイブ :2011年08月 ごはんが愛である!

ごはんが愛である!

こんにちは!荒川青年支部で兄弟姉妹の晩ごはんを作りながら心に残った話、レシピを紹介します。大家族のお母さんのように愛のこもったごはん作り目指してます!

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴーヤチャンプルー「食で伝わる心、つながる心」

 
ご飯ブログ用 (18)   ご飯ブログ用 (5)

今日のメニュー
・ゴーヤチャンプルー
・トマトカップグラタン
・冬瓜のスープ
・オレンジ

ご飯ブログ用 (13)  ご飯ブログ用 (21)

「食で伝わる心、つながる心」

おひさしぶりでーす!!

なんと〇ヶ月ぶりの更新になってしまいました。

ただただ継続することの難しさと自分の怠け心を痛感しています・・・

ん~気長に宜しくお願い致します。。


今日のタイトルは 「食で伝わる心、つながる心」です。


突然ですが、皆さんのお誕生日はいつですか?

1月から12月まで366日あらゆる方がいることでしょう。


なぜそんな話かって??


ふふっ私が8月生まれだからです

別にプレゼントを募集するわけではありませんよっ!


先日、私が実家に帰った際に家族が誕生日祝いをしてくれました。

姉が寿司を作る仕事をしているので、これでもかと寿司です。

普段なかなか食べられませんので、本当に感謝です! 旨いです!

寿司で誕生日 
↑「バラン」に「Happy Birthday」の文字が・・・
姉の同僚の粋な演出だそうで、オリジナル感が嬉しいです。


食事を通して相手をお祝いすること。

誕生日はそんな「食で伝わる心、つながる心」のわかりやすい例ですね。


誕生日ケーキ  
↑ こちらは教会でのひとコマ。
ある姉妹の誕生日祝いと清平40修出発祝いのケーキです
お祝いしたいとみんなで内緒で作って、サプライズさせました!
びっくりして喜んで笑顔の姉妹、楽しい楽しい!ウレシイウレシイ!

手作りには、作った人の心がこもり、相手に伝わる感動があります。

まさに「食で伝わる心、つながる心」ですね。

ご飯ブログ用 (9) 
↑お手伝いに来てくれたS君。
毎日兄弟を笑わせるために一発芸を披露しているそうです。
誰かの為に一生懸命に尽くす姿は美しいですね

永遠に忘れられないパンとアイスクリーム


少しの食物が一生涯忘れることの出来ない

人との出会いになる事もあります。


教会の方は聞いたことがあるかもしれませんが、

アボジこと文先生は
 誕生日の断食  昼食の断食 を長い間されておられたといいます。


それは神様を思うと自分の誕生日を祝う資格は無いと感じるためでした。

そして昼食を抜きながら、救いを願う人、飢えながら解放を願う人を思ったといいます。

神様と人類に対する深い心情があります。

というわけで若い頃、昼食を抜いていた文先生ですが、

御言に、
こんなエピソードがあります。

私が今ソウルに来てみると、忘れられない夫人が一人います。宋さんという貧しい夫人です。その時、貸間で
娘一人を連れて暮らしていましたが、夫がいるのでもありません。小さい雑貨屋をして、やっと娘一人と食べて暮らしていたのです。
(中略)
一度、二つの教会が漢江のほとりで合同礼拝を捧げたことがあります。その砂浜は今はなくなりましたが、西氷庫前でした。昼になると、みな昼食を食べるのに、その中で一人座っていて堪えられるでしょうか。それで一人さっと後ろに抜け出て、石が積み重ねてある所に行って、考える時間をもちました。昼食を食べずに、砂利を積んでおいた石の小山の後ろにいたのですが、その時に、宋夫人がアイスクリーム二つと、パン二つを持ってきてくれたのです。そのことが、いまだに忘れられません。一つが一銭したのです。それをすべて合わせても、四銭ですが、そのパンとアイスクリームを持ってきてくれたことが、永遠に忘れられないというのです。ですから、その時その場が、どんなに深刻だったかというのです。

 そのように世話になったことは、永遠に忘れられません。「いつどうで、いつどうして……」と、私のために苦労し、私のために施してくれた恩徳は、永遠に忘れないというのです。その忘れられないということは、誰のためですか。それは、自分のためではなく、世界のためなので、世界の人のためにそれを返そうと思うのです。 (真の父母様の生涯路程① P.157~158)

貧しい夫人の温かい心も感動ですが、文先生の愛を受け取る心にも大きな感動を感じます。

ただのパンとアイスクリーム
一生涯忘れられないものになるのです!


小さな食物の中にもこんな可能性があるわけです。

すべては相手を思う愛の心からはじまります。

どれだけ濁りの無い心で私たちは与え、受けることが出来るのか、


同時に自分の今の心の限界も感じます。


しかし、

「他の為に生きたい!」と本心の声が聞こえてきます。


心に伝わるご飯を作りたい!

神様ありがとうございます!

ご飯づくり頑張ります!

ご飯ブログ用 (17)
↓クリックお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 食当ごはん日記 | 01:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。