ソーシャルネットワーキング
アーカイブ :2010年04月 ごはんが愛である!

ごはんが愛である!

こんにちは!荒川青年支部で兄弟姉妹の晩ごはんを作りながら心に残った話、レシピを紹介します。大家族のお母さんのように愛のこもったごはん作り目指してます!

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

家族の絆をむすぶもの 「鰆のハーブパン粉焼き」

今日のメニュー
・鰆(さわら)のハーブパン粉焼き
・ミネストローネ
・食物繊維サラダ
・プリン



鰆のハーブパン粉焼き
↑鰆とウィンナーとムール貝の組み合わせです。

こんばんは!

今日は、教会の夕拝の説教に食事にまつわる興味深い話がありましたので、ヒントにさせていただきながら。。。

皆さん「家族の絆」がどこから生まれるのか、考えたことありますか?

ちなみに私はあんまり考えていなかったです・・・

もちろん何十年と同じ屋根の下で住んでいるのだから、家族なんだ、そんなこと当たり前じゃないか、

という意見もごもっともです。

しかし、父母を見て私の家族と感じ、子を見て家族と感じ、兄弟を見て家族と感じる心

それは貴い心であるだけに、今日は一歩踏み込んで考えてみたいと思います。

皆さん「ラマダン」って聞いたことありますか?

少し関連しているので引用します。


ラマダーン (アラビア語: رمضان ‎)は、ヒジュラ暦の第9月。日本ではラマダンともいう。ペルシア語など非アラビア語圏における発音ではラマザーン、ないしラマザンともいう。

この月の日の出から日没までのあいだ、イスラム教徒の義務の一つ「断食(サウム)」として、飲食を絶つことが行われる。「ラマダーン」を断食のことと誤って捉える人も少なくないが、あくまで月名である。

ウィキペディアより




そういうわけで、イスラム教徒の方々はラマダンの月、日が出ている間は食べ物を口にしませんが、

日が沈んだらみんなで食事を取るそうです

実はこの食事の取り方の中に家族の絆の秘密を解き明かすヒントがあったのです。

すべての場合に当てはまるかどうかは分かりませんが、

戦いの多い国では、日本のように個別にお膳を分けることはしないそうです。

個別に食事の中にを入れられるかもしれないからだそうです

だからそのような国では、大きなお皿に山盛にして皆で食べるそうです。

私が食べることで、相手も安心して食べることが出来るということです。

それだけにそういった国のイスラム教徒は

断食をし、共に食事を食べるという連帯感が、

お互いが家族として「絆」を確認しあう大切な時間を作り出しているそうです。

まさに食事が人と人の絆を結ぶ大きな役割をしています。

そういえば以前「孤食」(過去記事:みんなで食べる食卓の幸せ)について記事を書いたことがありましたが、

一人きりで寂しく食べる食事からは、人と人の温かい絆や理解しあう喜びは連想されません。

食事を共にすることのもつ役割の大きさを感じます。

鰆のハーブパン粉焼き

説教の中でこんな話しがありました。

イエス様が復活されてから、漁に出ている弟子に対して、

魚を焼きながら「一緒に食事をしよう」と、

浜辺から朝食に誘うシーンがあるそうです。

なんだか、人間離れしたイメージのあるイエス様ですが

ごはんを食べようよという誘いには弟子に対する親しみや愛を感じませんか?

人の絆を結ぶのはもちろん食事だけではありませんが、はるか昔の聖書の中でも「食事」が、人と人の深い絆を結ぶものとして、

このように出てきているのをみると興味深く感じます。


鰆のハーブパン粉焼き
↑久々登場プリンです!

同じ屋根の下で、同じ食卓を囲み、食事を食べること、

何か特別な重大な話をするわけではなくとも

そこにお互いの存在を感じあい、ご飯を食べる幸せを分かち合いながら、

家族としての絆が結ばれていく。

たとえ血のつながりも無く、人種や文化、国が違っても、同じ食卓を囲み共にご飯を食べる時

私たちはお互いに家族となる道を見つけることができるかも知れません



今日もありがとうございます。
読んでくださった方クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

| 食当ごはん日記 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ばあやのおもてなしの心 「鶏飯」

こんにちは

今日は、鹿児島県奄美大島の郷土料理

鶏飯」で~す!

鶏飯

鶏飯
 「春野菜の煮物」  この煮物は、喜ばせることの天才:ちちちチーフさんの
                  ブログから参考にさせて頂きました感謝っ
鶏飯
 「ほうじ茶みるくゼリー」 初挑戦!以前、スターバックスで、流行っていたとか!?
                     意外とおいしかったです。
 

すでにお馴染みになってきてはいますが、

時折具材を変えながら、みなさんにおいしく食べて頂けるように

工夫しています。

よりおいしいスープも研究中。

私たちの作る具材は、鶏肉、しいたけ、人参、たくあん、高菜漬け・・・と、

しば漬け!!がとってもおいしいです。

(これだけ見ると、もはや料理ではないような気もしてしまいますね

地元奄美大島では、具材もさまざまで、

鶏肉・椎茸・たまご・ネギ・紅しょうが・のり、に

‘パパイヤ’まで乗っているようです


由来は、

慶長16年(1616)藩制時代 薩摩藩の砂糖取立てに対する

あまりの厳しさに、奄美の人々が役人たちをもてなす料理として

考案されたそうです。

この料理のあまりのおいしさに 奄美の鶏飯は別名「殿様料理」とも言われる様になりました。

一見、‘殿様’・・・そこまで?

(と、当時の状況も知らない私は、失礼なことを言っているかもしれませんが)

・・・そう付けられるほどになったこの料理は、

きっとそこに奄美の人々のおもてなしに「」がこもっていたのでは?

と思うのです。



1983年に誕生し、わずか20数年で、世界のホテル地図を塗り替え、

米国ではつねにトップクラスで、もっとも働きがいがあるとの評価を受けている、

リッツ・カールトン・ホテル

その日本支社長、高野登氏が出している著書:

~リッツ・カールトンが大切にする~ サービスを越える瞬間」に、


ミスティーク(神秘性)は、最高のおもてなしだ

と書いてあります。

‘ミステイク’ではありません

では、そのミスティークは、どうようにして生み出すことができるのでしょうか?

これについて、‘偶然に起きるものではなく、チームワークが生み出す’

と、高野氏は言っています。

そして、一人ひとりが高い同じ感性をもって、同じ目的に向かって行動できること、と。

それが出来た時に、神様が働いて、「感動」を生み起して下さるのですね。


今は、お嫁に行ってしまったあるMお姉さんの話。

その方は、ある人からは「ばあや」と呼ばれていました。

なぜそこまで言われるようになったかといえば、

落ち着いた雰囲気で、会えば何かと物をくれる、

そんな姿から?・・・(それも本当です

いえ。

それ以上に、おもてなしが素晴らしいのです。

相手のお茶やコーヒーの濃さ・温度の好みをよく知っていて、

絶妙なタイミングでお出しするのです。

疲れていそうな時、機嫌が悪そうな時、何を求めているかが

分かり、ベストなものを一番必要な時に提供できる人なのです。

近くでお手伝いさせて頂いた時、

相手の表情や口調、立ち振る舞いなどから感覚的に読み取る力が、

働いているのを感じました。


リッツ・カールトンの‘7つの仕事の基本’の中に

Don't Think.Feel.」
(考える前に、お客様の温度を感じなさい)とあります。

人間には、神様から与えられた五感があります。

初めて会う営業マンが信頼できる人かどうか、何となく分かる感性。

赤ちゃんの泣き声一つで何を求めているか分かる、お母さんの感性。
(これは、レベルが高そうですっ)


そういった感性が研ぎ澄まされていったとき、

人を感動させるものを生み出すことが出来るのではないかと、思うのです。

チャングムや食堂かたつむりの主人公にも、共通するものを感じます。


ありがたいことに、食事作りは比較的得やすい、育てやすい環境かと思います。

人数が人数なだけに、皆さんのニーズを満たしてあげることは

なかなか難しいのですが、
 
「どうしたら、喜んでもらえるか?」

という同じ方向に向かって、

食べる人、思いながら作り、作る側でも具体的に為に生き合とき、

「今日、これ食べたいと思ってたんだ~」

「おなか調子が悪かったから嬉しかった。」などの声が聞けて、

喜んでもらえたことに気付いて、神様が働いてくれていたことを

知ることが出来ます。


そして、最後に・・・
(長い記事の最後に、まだ続くの!?って感じでごめんなさい。)

個人的趣味で書きますので、流し読みで構いません~

ある卓越した心臓外科医に必要なものは

というテーマで、あるカリスマドクターが言っていた言葉。

最初に必要なのは圧倒的なイマジネーション(想像力)の力。

 5時間以上かかる手術を最初から最後まで頭の中で瞬時に

 シュミレーションできなくてはいけない。

 次にそこで想定される問題に対するジャッジメント(判断力)の力。

 そして、実際に必要なテクニカルスキル、これらすべてが

 優れていなくてはいけない。


  しかし、もっと必要なのは、それらすべてを足して、さらに

 十倍したくらいの愛情’なのです。」

 
 すべての中心は「愛」なんですね~!
 
 み言の中にも、’知恵は愛を誇るためにある’ともあります。

料理の研究も愛の為に!

み言を実践すべく、また頑張ります

長い文章を最後まで読んで下さったことに、感謝します。


今日もありがとうございます。
読んでくださった方クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村











| 食当ごはん日記 | 09:45 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出世のお話し 「わらさの塩焼き」

今日のメニュー
・わらさの塩焼き
・大根とわかめの胡麻和え
・かぼちゃと揚げの味噌汁
・あんミルク寒天


こんばんは!

皆さん、今日は出世についてのお話しです。

この記事を読めば皆さんも出世間違いなし!

かどうかは分かりません。。

出世と言っても魚の出世ですから・・

成長にしたがって呼び方が変わる魚を出世魚といいます。

例えば、皆さんのおウチの金魚も

5センチからは課長、10センチ以上は部長

と、呼んでもいいです。個人的には。

ま~ま~冗談はさておき
出世魚とは・・・
日本において、稚魚から成魚までの魚の成長に応じて異なる名前で呼ばれる魚のこと。江戸時代までは、武士や学者などは、元服の際や、出世に伴って名前を変える習慣があった。出世魚という呼び方は、「成長に伴って出世するように名前が変わる魚」として、これになぞらえたものである。縁起のよい魚として扱われ、めでたい席や門出を祝う席などの料理として好んで使われる。ブリ、スズキ、ボラなどが有名。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


今日はそんな出世魚「わらさ」という魚です!

「さわら」ではないです念のために・・・

この「わらさ」実は「ぶり」と同じ魚なのです。

ぶりは代表的な出世魚として有名です。

なんだか英単語の活用形みたいですが、覚えられなくても誰も責めませんので心配しないで下さい。

ぶり
buri_01.jpg
(関東)わかし(20cm)→いなだ(40cm)→わらさ(60cm)→ぶり
(関西)もじゃこ→わかな→つばす→はまち→めじろ→ぶり
(北陸)つばいそ・ふくらぎ→はまち・がんど→中鰤ちゅうぶり→大鰤おおぶり

あっ「はまち」さんそこにいらしたのですネ~
余談ですが、かつて、ぶり特産地で有名な富山県の氷見市に行った時、
こんなかわいい銅像たちがあって盛り上がったことを思い出します。
(上がブリ小僧、下がひみぼうず、ネーミングがいい。)
img066.jpg
img067.jpg


スズキ
スズキ
こっぱ→でき→せいご→ふっこ→すずき→おおたろう

平清盛が伊勢から熊野へ海路で参詣したとき、このスズキが船中に飛び込んだそうな。熊野権現の使いとして、皆に分け与えて食べたところ、清盛は出世し太政大臣となった、なんて故事もあります。このことからも縁起の良い魚として知られてます。

ボラ
bora.jpg
はく→おぼっこ→すばしり→いな→ぼら→とど
「とど」は、「これ以上大きくならない」ことから「結局」「行きつくところ」などを意味する「とどのつまり」の語源となったそうです。ふ~む。

「しらす」が「うなぎ」とかみたいに

出世魚とは呼ばないけれど成長にしたがって名前が変わる魚は

他にもいっぱいあります。

あとちょっと驚いたのですが、

ちなみによくスーパーとかで売ってる、「トラウトサーモン」って

ノルウェー、チリ産の海面養殖されたニジマスの商品名みたいです。

サーモンじゃなかったんですね。。

まあ鱒もサケ科の魚で区分も曖昧らしい・・・

というわけで今日は「出世魚」についてのお話でした。

強引にきれいにまとめます。

私たちも愛の人格者めざして「心の出世」頑張りたいものですネ

今日もありがとうございます。
読んでくださった方クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村





| 食当ごはん日記 | 23:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私たちが生きる背後にある奇跡 「三色丼」

今日のメニュー

三色丼
三色丼
 よくお弁当で、星型とか使って楽しんでいましたが、田舎のでこぼこ道を通って
いたので、お昼に開けてみると崩れていて、ショック!ということもありました。
 でも、今回ある人に作ってあげたら、すごく喜んでくれて、嬉しかったです

豆腐のあんかけ  三色丼
 あんは、かなり作りすぎてしまいましたが、かたやきそばやおこげにかけて、活用します

菜の花と里芋の味噌汁  三色丼
 近所の畑で、咲ききらない丁度いい菜の花をとるのが重要という話で盛り上がりました。
 みなさんのおうちの近くにも咲いていますか?

スペシャルブレンドトマト&野菜&果物ゼリー三色丼 トマトの苦手な方の為に、ぶどうジュースで緩和しました

こんにちは!

みなさん!この前の「何のために食べるのか?」の記事読んで頂けましたか?

素晴らしい内容ですよね。

・・・って、自分の事を誉めている訳ではありません(笑)

気付いている方もいたかと思いますが、

便宜上、「ぺー」がこのブログの管理者としておりますが、

記事は交代で書かせてもらっています。


文章力説得力があって、それでいて面白く、心にぐっとくる文章を

書いてくれるのは、枝豆グリーン

きままに、軽い感じで、ちょっぴり健康オタクの香りがするのは、

パンプキンオレンジ

たまには?「ごはん」について深く考えることもありますけれどね!


食当における神様物語は、ピンクグレープや燃ゆる新しい素敵なメンバーと

作り上げております


今日は、メンバーと家族のことについて話しました。

その中で、印象に残ったこと。

「戦争で大きな負傷を受け、危機一髪、瀕死の状態から生還したおじいちゃん がいなかったら、自分はいない。

そう考えると、自分が生きているのって、 奇跡的だよね。」


確かに、そうだなと思いました。

しかも、国の為とかより大きなものの為に、自分を捨てて生きた

おじいちゃんは、何て素晴らしいのでしょう。


私の母親は、歯が弱くて、若い頃から入れ歯です。

聞いたところによると、お母さんが生まれた時代、

まだまだ日本も貧しくて、おばあちゃんもほぼ栄養失調のような

状態でお母さんを産んだそうなのです。


苦労の中を生き抜いてくれた方々がいるから、私たちがいる。

神様のご計画からすれば、私たち一人一人を産むために、

先祖の方々を必死で助けて下さったのですね。


 戦争の事を知る人たちが、少なくなってきている現代。

 戦友や家族を失った悲しみからくる心の傷口を開かぬよう

多くは語られない人もいるかと思います。
 
 でもそれ以上に、自分たちの苦しみは心の底に沈めて

これからの後世の人たちの幸せを祈る思いがあるように思います。 

私たちから、計り知れない先人の心を訪ねていくのであれば、

そこに通じる親なる神様の心も知っていけるのでないでしょうか?

・・・そういえば最近、時代ものの番組も多いから、勉強してみようかな?


料理一つをとっても、郷土料理やその他家庭料理の中に、

その時代を元気に生き抜く知恵が隠されているのを発見します。

その都度、紹介していきますね


私たちは歴史の結実体

流れる歴史の中で、‘今’というバトンをにぎる私たち一人一人。


精一杯、神様を喜ばせられるように、頑張ります!

これからもよろしくお願いします。


ありがとうございます!クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村




≫ Read More

| 食当ごはん日記 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何のために食べるのか 「豚キムチ」

今日のメニュー
・豚キムチ
・海藻サラダ
・豆乳プリン



縮小DSCF3887

辛いの苦手な方はゴメンナサイ~

でも今回の豚キムチとっても好評でした。
喜んでいただけてよかったです。

さてさて、今月から食当は人事がありました!

くれないのクーミーは結婚準備に入ります

おめでとうございます!

ということで、パンプキンイエローのペーをチーフにお迎えします。

そして!新たに2人の個性豊かな姉妹が食当メンバーとなりました。

ピンクグレープフルーツのおゆきと枝豆グリーンの千も健在です。

ついに5人体制となりました。

その全貌は追ってプロフィール欄にてお知らせいたします。

「ごはんが愛である!」のブログも、はじまってから早くも半年が経ちました。

ブログを書くことで、色んなことに気づかされたり、整理できることも多くありました。 (終わらないヨ!)

まだまだ改善点は山積みですが、

一歩一歩、神様の愛を伝えるブログとして発展させていきたいと思います。

これまでコメントくださった皆さんをはじめ、訪問してくださった皆さんありがとうございます。

(※おわび 「拍手コメント」の存在、今日知りました・・・スミマセン!これからはチェックしますので宜しくお願いします。)

文先生のこんな御言が心に響きました。↓

101_5046(縮小)

『私はいつも空腹でしたが、いくらおなかが空いても、自分のために食べることはしませんでした。

ごはんを食べる時には、はっきりした理由が無ければならないと考えました。

それで食事のたびに、おなかが空いた理由を自らに問いただしてみました。

「本当に血と汗を流して働いたのか。私の為に働いたのか、それとも公的なことのために働いたのか」

と尋ねてみました。ご飯を前にするごとに、「おまえを食べて、昨日よりもっと輝いて、公的なことに取り組もう」

と言うと、ご飯が私を見て、笑いながら喜んだのです。』

                文 鮮明 著 『平和を愛する世界人として』 P.83より


白い話だと思いませんか。

ご飯が笑うなんてあり得ないという人もいるかも知れませんが、

私はそれは事実だと信じます。

聖書の創世記にあるように、

神様は人間に「よろずのものをおさめよ」と言われました。

そして神様が創造された万物は、人間によって初めて価値あるものとなることができるのです。

さらにそれは、真の愛によって神様の目的の為に用いられる時に最高の価値を発揮します。

言いかえれば万物が最も喜ぶ瞬間だということです。

そう、ご飯が笑いながら喜んだのはそのためなのです。

私たちは食当として誰の為に何ができるのか。

神様は何を願っておられるのか、それは常に大切なテーマです。

私たちが精一杯、神様を動機として作った食事は、神様の愛の波動となって

食べる人の本心を揺さぶることができるはずです。

落ち込んでいる人、疲れてしまった人、自信をなくしている人、元気が出ない人

そんな人たちの心に希望を湧き起こすことができるかもしれません。

心は伝わります。

なぜなら、どんな国の人であっても、どんな民族であっても宗教であっても、老若男女あらゆる違いを越えて、

誰もが神様からいただいた、愛を感じ取る「本心」を持っているからです。

だから私は食当として、神様の愛をいかにこめるかという努力をし、食べる人の本心の糧となるようなご飯を作りたいと思います。

真の愛の人となる道のりは険しいものですが、5人で力をあわせて

「おいしい!!!神様ありがとう!!!」

と言わずにはいられない愛情のこもった食事を作りたいと思います。

では今後も「ごはんが愛である!」を宜しくお願いします!

よーし視頑張るぞー



進行中の世界の国々シリーズ聖書シリーズも興味のある方はご覧下さいませ!

ちなみに現在ブログ内で拍手数で一番人気の記事は「年越しそば 感謝のこころ」です。


ありがとうございます!クリックお願いします!
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



| 食当ごはん日記 | 16:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トロットロの神様の愛 「チャーシュー丼」

今日のメニュー
・チャーシュー丼
・ニラ玉スープ
・モヤシコーン
・りんご


縮小20100322チャーシュー(16)

こんにちは!

皆さんはチャーシューは好きですか?

私は大好きです

ラーメンの上にもいいですが、ご飯にも良く合うんです。

実は以前から挑戦したかったのですが、

ついに今回やってみました、本格的チャーシュー作り!

縮小20100322チャーシュー (30)
肉の焼き色っていつ見てもワクワクします!

まあ前日までに仕込んでおけば、当日は切るだけだから簡単だろうということで簡単に考えていたのですが・・・

こんなに大変だったなんて~

投げ出したくなる瞬間もありましたが、グッとこらえて精誠こめようと奮闘しました。

終わってみれば、おいしいといってくれる兄弟姉妹がたくさんいて嬉しかったです!

「神様ありがとうございます!」

今日はそんなトロける本格チャーシューの作り方もご紹介しようと思います。

さてチャーシュー作りの何が大変だったかって、

ズバリ 肉をひもでしばる作業です。もうこれに尽きます。

今回、準備した肉は豚のウデといわれる部位でした。

詳しくは分かりませんが、お店のブロック肉には「豚バラ肉」と「豚の肩」と「豚のウデ」という3種類があり

予算の都合より迷いなくウデを選びました。

一つのブロックが6キロ以上もあるもので、見た目は枕のような大きさです。

これをいくつかに切り分けてタコ糸でしばるわけです。

しかし、ビニールを開いてびっくり!
ひとかたまりに見えた肉があれよあれよとバラバラに!

なんとこの肉、実は大小さまざまの10個ほどのブロックに分かれているのでした。
きっと1枚の豚バラならもっとやりやすかったな~

長々と書いてしまいましたが、というわけで、

しばるの大変でした。。。(ちゃんとしたかたまりならスムーズに出来ますので大丈夫ですよ)

しかし!

縮小20100322チャーシュー (19)
縮小20100322チャーシュー (20)
縮小20100322チャーシュー (18)

神様は無駄なことはなされない。


すべてに神様の愛の御計画があります。

兄弟姉妹の喜ぶ姿を通して

困難の先に人を喜ばせる本心の喜びを、親である神様はこうやって教えてくださるのだ


なぜなら神様は私の親だから

そして、困難を必ず乗り越えてくれると息子娘を信じている神様なのだと感じました

神様の愛でトロットロ~

「ふふふチャーシューまた作りたいね!」

そんなことを語り合う食当チームでした

縮小20100322チャーシュー (28)

本格チャーシューの作り方
材料(4人分)
豚かたまり肉 1kg
つけダレ
長ネギ 1本
しょうが 1かけ
砂糖 1/3カップ
酒 1カップ
しょうゆ 1/2カップ
八角 ごく少量
水 1カップ

①味がしみ込むように竹串で穴を開け、タコ糸でしっかりとしばる。
(熱で肉が縮むため、ゆるいとほどけてしまう。ちなみにしばるのは煮崩れ防止のため)
②つけダレに漬け込む。(今回は1晩)
③表面に焼き色を付ける。(うまみ封印)
④取り出した肉をつけダレに戻し水を加え煮込む。
(今回は2時間煮込みました。温度を低めでやったり煮込む時間を変えることで仕上がりをハムっぽくしたりトロトロにしたりと変えることが出来るそうです。)
⑤冷めたらタコ糸をほどき切り分けて完成!


↓ありがとうございます!クリックお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

| 食当ごはん日記 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。