ソーシャルネットワーキング
カテゴリー :世界の国々 ごはんが愛である!

ごはんが愛である!

こんにちは!荒川青年支部で兄弟姉妹の晩ごはんを作りながら心に残った話、レシピを紹介します。大家族のお母さんのように愛のこもったごはん作り目指してます!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

深いぞ!イギリス食文化 「鶏の水炊き」

今日のメニュー
・鶏の水炊き
・鉄分たっぷりひじきサラダ
・野菜プルプルゼリー


みなさんこんにちは!

今日は、世界の国々シリーズ第5弾!イギリスへ旅しちゃいます

Trafalger.jpg
歴史もあり文化もあり簡単には語りつくせそうにない国ですが、

先日、ロンドンの街が舞台でジョニー・デップ主演の「スウィーニートッド」という映画を見ましたのでイギリスです・・・
(分かる人にはわかると思いますが、食欲が間違いなく落ちる映画ですのでご注意ください

そういえば「イギリス」の正式名称ってすごく長いんですよね、昔、学校で覚えた方も多いのではないでしょうか。。

さあイギリスはこんな国です!

images.jpg
国名:イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)
首都:ロンドン
公用語:英語
人口:61565000人
宗教:キリスト教 71.6%
    イスラム教 2.3%
   その他様々
国王:エリザベス2世
首相:ゴードン・ブラウン

worldmap.jpg

どんなおいしい料理が待っているのやら

食文化について関心がありまして調べてみました。

ところが・・・あら・・あら・・・こんな様子です


フランス料理やイタリア料理と比べると、料理の種類が少ない。世界的に「マズい料理」というイメージが定着してしまっており、当のイギリス人たちでさえ食事のマズさをジョークとして自虐的に口にするほどである。よく「○○の料理は不味い」と言っても、その国の食習慣に外国人が馴染めないだけであり、その国の人にとっては美味しい料理であるという場合が多い。しかし「イギリス料理がマズい」というのは、本質的に異なるのである。イギリス料理がマズいのは、イギリス人自身が認める所である。他国の料理をけなすのは、その国の文化を差別するという考えがあるが、そもそもイギリスには美食文化が存在しなかったのであり、それを理解しない事は、ある意味、イギリス文化に対しての無理解であると言える。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 



イギリス料理はマズいということで有名なようです。

ん~開き直っているような・・・

これは私の知らない食文化の深みがありそうです。

なぜイギリスには美食文化が存在しなかったのか・・・
私なりに調べてみることにしました。

しかし、これはとっても興味深い問題だったのです!

いくつかの理由が考えられるようです。

まず、「イギリスは気候が厳しいため食材に乏しい」との意見。

しかし、それだけでは無さそうな気もします・・・魚はたくさん獲れるみたいですし・・・ん~

そして、貴族は日曜日に牛を屠りステーキやローストビーフにして、
「平日はその残り物を食べていたから料理が発展しなかった」という理由。

無関係ではないかもしれませんが、あまりにも単純な気がします。

さらにイギリスが世界を征服出来たのは、食にこだわりがなかったからであり

軍隊が遠征先で美食などと言っていられないから、との説もあります。

面白いのは「ピューリタン仮説」という意見です。

世界史をもっと勉強しなければと思わされますが、簡単に説明してみます。

ご存じのようにキリスト教にはいくつかの教派があります。

ローマ法王を頂点とするのがカトリックですが、イギリスには国王を頂点とする英国国教会というものがあります。

1642年、その英国国教会を改革しようとした者が、国王を処刑しピューリタン革命を起こしました。

そのピューリタンたちが美徳としたのが質素倹約であったというわけです。

ピューリタン革命の影響で、美食=悪、贅沢は悪魔的な行為といった道徳観が流行ってしまい、

食文化を牽引するはずの貴族・王族がこぞって美食を捨てたことにより、食文化が廃れたという説です。

ちなみにアメリカの料理が不味いのもピューリタンがはじまりだからとの説もあるようです。。

ふ~む面白い

おっと~ちょっと待った!

イギリスの料理の紹介はこれで終わりません!

これでは「イギリス料理は不味い」で終わってしまいます。

そこで!

イギリスのレストラン事情の中で、近年注目を浴びている「モダン・ブリティッシュ」という新しいイギリス料理を発見しました。

私も初めて知ったのですが、

イギリスらしい素材を使いながら、イタリア、南仏料理のようにハーブを多用し、エスニックなどのエッセンスを取り入れた独自の料理だそうです。

素材の味を生かしたライト&ヘルシー志向の料理は、幅広く受け入れられる要素を持っていそうです。

イギリス料理はおいしいと言われる日も近いかもしれません。

そういえばインドのカレーや紅茶を世界に広めたのはイギリスです。

他の国のものを取り入れるのが得意なのかもしれませんネ。

ではとってもおいしそうなモダンブリティッシュ料理をどうぞ!

lecafe3.jpg
グリルド・スクイッド(イカ)のチリ&スプリング・オニオン風味」
lecafe2.jpg
「パルメザン・カスタード&アンチョビ・トースト」

イギリスの料理いかがでしたか?
london_3.jpg


斬新でアートなモダンブリティッシュぜひ食べてみたいものです。

長い間不評だったイギリスの食ですが、新しい変化がはじまっていてワクワクしますね。

世界が国境を越えて一つになろうとするほど、こんな風に様々な国の要素を取り入れていく料理がどんどん発展していくような気がします。

以上、世界の国々シリーズ第5弾!イギリス編でした。

ありがとうございました!

↓クリックお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 世界の国々 | 20:20 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みんな♪アミーゴ!!~メキシコ編~  「タコライス」

こんにちは~

更新が、とっても遅れていますが、

地道に頑張ります

今日は、タコライス!!

この前は、本物のタコが入りましたが、

こちらのタコライスに、タコは入っていません。

(でも実際、ジョークのつもりで、作ったら人気が出たという話もあります。)

何故、タコライスと言うか?

タコライスは、沖縄県金武町の飲食店街にある「パーラー千里(せんり)」で

1984年に生まれた。当時の円高により、それまで主な客であった米兵が外食を控える

ようになったため、タコミートを利用してタコスよりもボリュームがあり

コストパフォーマンスのよい新メニューとして考え出された
。」らしいです。

(参考:‘ウィキペデリア’・・・いつも参考にさせて頂き感謝


タコライス 
タコライス タコライス

一方「タコス」は、日本にもお馴染みの‘メキシコ料理’です。

メキシコは、日本の約5倍の面積をもち、家族思いで、友情や絆を大切にする人々が住む国と

言われています。


オラ(こんにちは)!”

はメキシコ人がよくする挨拶。

陽気に焼けた顔のメキシコ人は、辛くてスパイスの効いた料理を好みます。

メキシコで激辛料理を食べた時に思い出してほしい鉄則

水を飲んではいけない

これは、決して罰ゲームではありません。

メキシコの‘マナーに値するもののようです

火のついたように辛い場合は、塩をなめるかパンや、米、豆を食べてください。

(でも、辛どい・・・!?)

うちの妹なんかは、キムチをもコップに水を汲んで洗って食べる位ですから・・・。

精通していくまでには、が必要のようです~



また、メキシコならではの食べものに「サボテン」があります。
サボテン

ウチワサボテンという種類のサボテンを、小さく切ってゆがいてサラダにしたり、

スープに入れたり、ピクルスにしたりして食べます。

また、このウチワサボテンになるあまい実、「トゥナ」も、

果物として人気があるようです。

サボテン花言葉は、

偉大・熱情・燃える心・暖かい心

何か神様がメキシコ人に与えたメッセージなのでしょうか?

トゲトゲしているのに、熱情とか暖かい心とか、なぜ?

由来は、サボテンを切った時に出る汁から来るようです。

洋服などに一度着くととれないから。

神様の愛もそうかもしれません。

一度くっついたら、その愛が心に染みついたら、絶対に離れられない


メキシコは、過去長いスペインの植民地時代が長く、苦労の歴史があります。

食べるものも無いその時代を‘明るく’すること、

分け合うことでしか、乗り越えられなかった・・・その背景が作り出した民族性。

「アミーゴ!(友達)」と言っているだけで、すぐに仲良くなれる、励ましの言葉にもなるそう。

コミュニケーションは礼儀正しく、形式的、間接的であることを重視する

これもメキシコ人の気質。

どこかで、聞いたことのあるような・・・。

そうデス(?)

日本人に似てる・・・って思いませんか?

海を隔てて遠く離れたところに住む国の人でも、

神様が作って下さった一つの家族だから、共通する部分をたくさん見つけることが

できるし、「与える喜び。為に生きる喜び。」を感じ合うことが出来るんだなと思いました。


日本人が時間に正確でメキシコ人はそうでないところなど、正反対な部分はありますが、

お互いの良さを知りつつ、一つになっていけたらと思います。



 ~ 一つになろう。世の中にいるすべての父母、兄弟、子女として思えるならば

                  彼は天国の鍵をもった者である
 ~

                                ‘み旨の道’より


↓ありがとうございます!クリックお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村



| 世界の国々 | 07:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド人と牛 「カレー」

今日のメニュー
カレー
マカロニサラダ
ジンジャーエールゼリー


第3回

今日はインドの旅へ

ナマステ~

多文化多宗教のインド。

その8割はヒンズー教です。

みなさんもご存知かと思いますが、

ヒンズー教徒は牛を食べず、イスラム教徒は豚を食べません。

日本人には、「牛」を食べないのは、想像しにくい価値観です。

イスラム教徒が豚を不浄な動物なので食べないのに対して、

牛はヒンズー教徒にとって神聖な動物。

牛は最高神の一人シヴァの乗り物とされており、そのため食べることは恐れ多い

とされています。

また、インドの牛は農耕に運搬にと大活躍する大事な動物で人間の協力者ですので、

やはり殺して食べたりしてはいけないという概念が生まれた、とも言われています。

牛が車の前に止まっていても、通りすぎるまで待たなければなりません。


さらに、インドではまた牛の糞も大事に扱われます。

神聖な動物が出した糞ということで、これも又神聖なもの。

道で牛が糞をすると、すかさず人々はそれを拾い集めておき

大事なお客様を泊める寝室の壁などはこの牛糞を塗っておくそうです。。。

これには、ちょっとびっくりですっ!

ヒンドゥ法典にも、‘食事の場所には牛糞を塗るべし’

と書いてあるそうです。(臭くないのかなぁ~)

牛の糞は、乾燥させて燃料になるし、

壁や床に塗るのは、牛の糞は殺菌力が強く、これを塗っておくと、

虫がやってこないそうです。そして、尿は薬として飲まれ、ミルクは、チャイで同じみ、

インドの代表的な飲み物として、毎日飲まれています。

牛のミルクで、大勢のインド人が栄養をとってきたようです。

インド人に言わせれば、「母親

牛



ここまで、牛を大事にしている国は他にはないでしょう。

人は、愛するものに似てきます。

牛を愛するインド人は、牛のように優しい国民なのかもしれません。

そして、‘出せるものすべてを人間のために’という牛の姿は、まさに

神様ともいえるかもしれません。

そうすると、インド人はものすごく神様に似た国民ですね。


牛肉を当たり前のように頂いていますが、

これからはもっと感謝して頂いていきたいと思います。


↓ありがとうございます!クリックお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村





| 世界の国々 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サモアでティータイム 「マーボー豆腐」

今日のメニュー
・マーボー豆腐(→作り方はコチラ
・えのきとわかめ卵の仲良しスープ
・マンゴーオレンジゼリー


ヌーボーマーボー豆腐
こんばんは!

「ごはんが好きな東京都民」から「平和を愛する世界人」になるべく

世界の国々を訪ね、その国の食卓にお邪魔する?コーナーです。

世界にはどんな国があるのか、どんな人がそこに暮らし、どんなごはんを食べているのか・・・

そんな素朴な好奇心と、国境の壁を越えて世界人となるため、

もっと世界の事を知りたい!そんな情熱から始まりました!

たとえ身体は東京でも、心は縦横無尽に世界の国々を訪ね歩く予定です。

今回は第二回「サモアでティータイム」です。

去年、大きな地震が起きたことでご存知の方も多いかと思います・・

なぜサモアか・・・

ズバリ先日サモアに行っていたという人と会ったからです

b7.jpeg
国名:サモア独立国
首都:アピア
公用語:サモア語、英語
人口:179000人
宗教:キリスト教(ほぼ100%)
map.jpeg
 女性は多産で子供は家事を手伝いしつけは厳しく、母親となると絶大な権力を持つ。子は独立するまで家事を助け、長女が夫を迎え、同居する形が多くみられる。食事は、客や主人が先に食べ、その間、子供は蝿を追ったり飲み物を用意したりで、幼児を除き食物を口にすることはない。残された食事を子供や同居人が食べ、最後は豚や犬、鶏が食べ、残飯はなく合理的である。母系社会で、村落ではマタイ(村落の首長)を除けば父親の権限は強くない。夫婦の絆は一夫一婦制を堅持して、不倫は少ない。いやなら潔く夫を変えてしまう。近年、貨幣経済の浸透でモラルは欧化している。(ウィキペディアより)


これを見るとしつけはかなり厳しそうです。肝っ玉かあちゃんがいっぱいいそうです・・・

国土の大きさはなんと鳥取県とほぼ同じだそうです。

どんなごはんを食べているのでしょう?

突撃!サモアのごはん!
タロイモ、バナナ、焼いた石で蒸すウム料理や「オカ」というココナッツ味の刺身などがあるようです。
刺身どんな味がするのでしょうか、興味がわきます、試すには勇気が要りますが・・・
自然を恵みを活かして編み出された料理、魅力的です。

↓蒸してますってさすがお兄さん裸足です
ウム料理の出来上り
friend4.jpg
ごはんの話題からはそれますが、その人から興味深いお話を聞きました。

サモアでは、家族の人が亡くなると、自分の家の敷地内に墓を作るそうです。

ほお~

しかも、その上でティータイムを過ごしたりするというのです

へぇ~びっくり!

サモアのお墓
↑子供たちが座っているのは先祖の墓です。
こんなふうに先祖を喜ばせるためにお墓の上でお茶したりするそうです。

日本ではお墓の上に座るなんて・・・

文化の違いはもちろんありますが、

自分たちが旅立った後もこうやって子孫が親しみを持って意識してくれているとしたら

なんとも深い安らぎを感じます。

家族同士で信じ合う愛の絆。

全国民がそうなのかは分かりませんが、

日本のように先祖や家族との絆が薄れゆく国にとって見習いたい美しい感性だと思います

サモアの旅はいかがでしたか?

すてきなティータイムは過ごせましたか?

おいしいご飯、そして世界の兄弟姉妹の心に出会いたい。

さて次はどこへ行こ~かな~

ヌーボーマーボー豆腐ヌーボーマーボー豆腐

↓ありがとうございます!クリックお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村

| 世界の国々 | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国のごはん 「豚肉と白菜の中華あんかけ」

今日のメニュー
豚肉と白菜の中華あんかけ
具沢山中華スープ~餃子入り~ 
レモンティーゼリー
万里の長城


 今の日本にとって、中国との問題は深く考え、危機感を持たなければならない

そういう関係になっているのが現実です。

 冷凍食品で‘中国産’のものをみると、

申し訳ないですが、正直‘あやしいかも・・・’と思ってしまいます
(それでも、使わざるを得ないことが多いのですが)


しかし、「食事」は、世界万民がするものであり、

生きていく為に、昔の方々が知恵を凝らしてきたことは共通することです。

特に4000年の歴史をもつ中国は、

医食同源」:すべての食べ物が身体にどう作用するのかという考え方が念頭。
陰陽説」:陰(野菜)は身体を冷やし、陽(肉・根菜類)は身体を暖める。

の考えが、親から子、子から孫へと言い伝えられており、

大衆の文化の一つとして一人一人に浸透しているようです。

これは、日本人と最も異なる点と言われ、

日本人は「医」と「食」を明確に分けており、

「医」と「食」の接点の分野でのみ「健康食品」が存在しているそうです。

確かに、話題となった食品だけが、その都度‘健康にいい’と、

スーパーに殺到する光景が日常的だったり、

食材のバランスを考えるより、サプリメントを複数とった方が、

簡易で安心、という発想がある気がします。


大陸で生ものが入りにくく、日本のように‘なるべく自然に近い状態で食べるべきだ’

とは考えにくい中国との差はありますが、

たとえ暑い夏でも「冷えた食べ物を嫌う」ような意識を持つ人が果たしているか、

といったら、ごく僅かではないでしょうか?


また、中国の地元の食習慣で食べカスをテーブルの上や床に

平気で吐き出す
そうですが、それはそれで中国の正しい食習慣らしいです。

これを聞いて、日本の文化が浸み込んでいる私は、驚きました。

でも中国人に言わせれば、

「日本人のぎょうざ定食’が信じられない」そうです。
(中国で、ぎょうざは御飯と同じ主食と認識している為)

日本に入ってきた中華料理が、大きく変わっているものが

多くあるとも聞きます。

考えようによっては、日本人は入ってきたものを、よりおいしく食べるために

様々に試行したり、「味」に奥行きまでも求めていくような

神様から与えられた深い探究心があるとも言えるかもしれません。


ただ、国と国との食文化を比較する時、

優劣や善悪を判断するのでなく文化の違いとして認め合っていく
ことが重要だと思います。

よく言われることですが、実際相手の相違を認めていくには、

努力が必要です。

でも、国を越えてそういったことをお互いが出来合えたら、

個人の相違は小さくも捉えられるようになるのではないでしょうか?


いつか中国に旅行に行く時は、

焼きぎょうざとご飯だけをレストランで注文して食べるようなことは

しないように気をつけたいですね

少し長くなって、すみません。

これからは、超国家・超宗教を目指して、「ごはん」の分野から

世界の国々の紹介をさせて頂きたいと思います!!

海外に詳しい方、旅行等に行った面白い体験ある方々、

何かアドバイス等あればお願いします。ペコリ

↓ありがとうございます!クリックお願いします
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ
にほんブログ村


| 世界の国々 | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。